ラブコミュニケーションは  エレガントに!

コミュニケーションから紐解いていく『進化論』。コミュニケーションには『愛』と『美学』と『品格』を!

性教育は授乳から始まっている!

 

人間の進化に『コミュニケーション』は欠かせない。

 

そして、育むラブコミュニケーション!

その大切な一歩にもなる『性教育』。

皆さまは、ご家庭でお子様と『性教育』について

語り合ったりされていますか!?

 

f:id:apple5830:20170921022249j:plain

 

やっぱりさ、お年頃の子供と

『性』について語り合うのは

中々ハードルが高かったりします。

それまでの関係性も大きく関わってくるし、

まぁ、世間の流れとしても

『性』はタブー視されているので、

大人が子供に踏み込んだ話をする

文化がないよね。

 

でもね、より深いラブコミュニケーションに

欠かせないのが『家庭での性教育』なんです。

 

でね、一つ確認しておきたいことがあります。

 

性教育』とは何なのか!?
 
これを、はっきりさせておきたい。
 注意しておきたいのは、

大人が子供に性交渉しているとろこを見せるのは
性的虐待になります!!!!
 
と、いうこと。

よくありがちなイメージとして、
性教育』=性的なもの 
性教育』=神秘的なもの 
性教育』=恥ずかしいもの
性教育』=難しいもの
など、挙げられたりする。
 
上記のようなイメージや思い込みが
性教育』を湾曲させていると思う。
 
とってもシンプル。
 
性教育とは・・・

満たされていることに気づくこと

 
性教育を正しく理解していると
自己肯定感は自然に上がっていく。
だって、もぅ、すでに、
満たされていることに気づいたらさ、
自己肯定感は下がりようがない。
それに、自己承認欲求だって
湧き出てこなくなる。
 
性教育はね、
性交渉のことや、受精のことを教えるんじゃない。
もちろん、これらは知識として必要かもしれないけれど
差ほど重要ではない。
 
『あなたは、どんな状態だって、
 どんな状況だったとしても、
 満たされている存在。』
 
それを教えることが『性教育』だと思う。
 
自分は満たされた大切な存在だと理解できると
自分自身を大切に扱うようになり、
そして、相手も大切に扱うようになる。
 
それが、愛のあるコミュニケーションに
繋がっていくよね。
 
そうやって見ていくとね、
『子育て=性教育』って図式になってくる。
 
大人たちが自分自身をどれだけ大切に扱っているか。
子供たちをどれだけ大切に扱っているか。
 
言葉でコミュニケーションをとれない赤ちゃんほど
敏感に感じ取っているはず。
そしたらさ、授乳中に携帯電話なんて見れないよね。
スキンシップは『性教育』の入り口で、
安心感や気持ちよさ、心地よさを育てている。
授乳もおむつ替えも、全部全部が
性教育』に繋がっている。

そして、その性教育
ラブコミュニケーションにも繋がっていく。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村